ベトナム10日間の旅!【5.ハノイ編】

Pocket

6日目、ハノイに戻ってきたところでトラブル発生!
ハノイの病院に駆け込みます。

6日目: ベトナム南北横断!!のはずが…

ラオカイから夜行列車でハノイに帰ってきました。

ハノイ大聖堂

ハノイ大聖堂です。

 

ホアンキエム湖

早朝のホアンキエム湖。たくさんの人がウォーキングしています。

 

ハノイ駅

ハノイ駅です。

この日は南北横断鉄道に乗ってベトナム中部の町、フエに向かう予定だったのですが、突然おなかの調子が…。

何とか我慢して列車に乗り込んだのですが、尋常じゃないくらいおなかが痛くなり、意識も朦朧としてきました。

とても旅を続けられる状態ではなかったので列車を降りることに。

海外旅行保険に入っていたので、保険会社指定の病院にタクシーで向かいました。

病院に着くと、白人の先生が英語で症状について質問してきます。

辞書片手に片言の英語で症状を説明すると、しばらく安静にしているようにと薬を出してくれました。

ちなみに診療費や薬代は保険でカバーできたので自己負担はゼロでした。

いやー、入ってて良かった旅行保険!

その後新たにハノイに宿をとり、しばらく安静にしていることにしました。

 

7日目: ホテルで療養中…

朝目が覚めると幾分かよくなっていましたが、まだまだ旅を続けられる感じではなかったので引き続きホテルで寝ていました。

途中近くのスーパーに食事を買出しに行きました。

ハノイ街並み

 

ハノイ街並み ハノイ街並み

ホテルの近くの風景。

明日はよくなるでしょうか。。。

 

8日目:復活!

翌日、朝起きるとすっかり良くなっていました!

よし、仕切り直しだ!とまずは旅行のスケジュールを立て直すことにしました。

10日目にホーチミンから日本に帰る便をすでに予約してあるので、まずはホーチミンに向かわないといけません。

もともとは鉄道ホーチミンに向かう予定でしたが、それではとても間に合わないので飛行機で飛ぶことにしました。

代理店に電話すると、翌日であればチケットが取れるとのことで一安心。

早速チケットを取ってもらいました。

この日はもう一日ハノイにとどまることになったので何をしようかと考えて街を歩いていると、突然日本語で「日本人の方ですか?」と声をかけられました。

振り返ってみると、ベトナム人の若い女性が。

話を聞いてみると、日本で働きたくて日本語を勉強しているのだそうです。

そして、日本語の勉強もかねて今日一日ハノイを案内させてほしいというのです。

街中で「コンニチハ」と声をかけてくるいかにも怪しいおじさんと違い純粋でいい人に見えたので、お言葉に甘えて市内を案内してもらうことにしました。

その後バイクの後ろに乗せてくれて、丸一日いろんな観光スポットを案内してくれました。

ハノイ

片言の日本語でしたが、ベトナムの暮らしや日本への思いなどいろんなことを話してくれて、とても楽しい一日を過ごすことができました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください