夏のイギリス・フランス・スペイン11日間の旅 【6.パリ市内編】

Pocket

6日目:パリ市内観光

6日目は前日に引き続きパリ市内観光です。前日回れなかったルーブル美術館等を訪れます。

さて、美術館に出かける前にまずパリ・ミュージアム・パスを購入します。
パリ・ミュージアム・パスはパリとその近郊にある観光施設で使えるフリーパスです。
これを持っているとルーヴル美術館などのチケット売り場に並ばなくてもよいので時間を有効に使うことができます。
– 2日券:42€
– 4日券:56€
– 6日券:69€
です。
利用できる施設など詳細はこちら↓
http://www.parismuseumpass-japon.com/

日本でネットで購入することもできますが、郵送してもらわないといけないので面倒です。
個人的には現地購入するのがベストだと思います。
現地購入できる場所は上記の日本語版HPには記載されていないので下記英語版HPをご覧ください。
http://en.parismuseumpass.com/rub-t-points-of-sale-3.htm

空港や市内の各施設で購入できます。

今回はサン・ラザール駅 (Saint-Lazare)近くのFNACというチケットショップで買いました。

パリ オペラ座 パリ オペラ座 パリ オペラ座 パリ オペラ座

オペラ座です。

マドレーヌ寺院

昨日と同じくマドレーヌ寺院のそばを通っていきます。

オランジュリー美術館

オランジュリー美術館です。
こちらにはモネ、セザンヌ、ルノワールなど印象派、ポスト印象派の画家の作品が収められています。
目玉はモネ『睡蓮』
『睡蓮』を鑑賞するためだけに設けられた部屋があり、じっくりとその作品を堪能することができます。
このオランジュリー美術館は、後で訪れるルーヴル美術館オルセー美術館と違ってこじんまりとしていて人もあまり多くありません。
落ち着いて作品を鑑賞するにはとてもいい美術館です。

ルーブル美術館

オランジュリー美術館のすぐそばにルーヴル美術館があります。

ルーブル美術館

さすがに人が多いです。
入口はあの三角の中です。

ルーブル美術館

中はこんな感じです。

アントニオ・カノーヴァ アムールとプシュケ(エロスの接吻で目覚めるプシュケ)

アントニオ・カノーヴァ『アムールとプシュケ(エロスの接吻で目覚めるプシュケ)』

ミケランジェロ 瀕死の奴隷

ミケランジェロ『瀕死の奴隷』

ミロのヴィーナス ミロのヴィーナス

『ミロのヴィーナス』

スフィンクス

『スフィンクス』

ラムセス2世座像

『ラムセス2世座像』

ルーヴル美術館

外の景色。

ハンムラビ法典

『ハンムラビ法典』

ルーヴル美術館 ルーヴル美術館 ルーヴル美術館 ルーヴル美術館

中はこんな感じです。

パオロ・ヴェロネーゼ カナの婚礼

パオロ・ヴェロネーゼ『カナの婚礼』

レオナルド・ダ・ヴィンチ モナリザ

そして、レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』
ルーヴル美術館には数多くの名作が飾られていますが、この『モナ・リザ』は超別格です。
ガラス張りのケースでおおわれており、さらにその周りも柵でおおわれています。
あまりの人だかりで正面から見ることができませんでしたが、その圧倒的な存在感を感じることができました。

ジャック=ルイ・ダヴィッド ナポレオンの戴冠式

ジャック=ルイ・ダヴィッド『ナポレオンの戴冠式』

ガブリエル・デストレとその姉妹ビヤール公爵夫人とみなされる肖像

『ガブリエル・デストレとその姉妹ビヤール公爵夫人とみなされる肖像』

フェルメール レースを編む女

フェルメール『レースを編む女』
かなり小さい作品です。

これ以外にも数えきれないほどの名作が展示されていました。
丸一日あっても全部見きれないくらいでした。

セーヌ川

ルーヴル美術館からセーヌ川を渡ると向かい側にオルセー美術館があります。

オルセー美術館

オルセー美術館です。
残念ながら中は撮影禁止でしたが、ゴッホ、ルノワール、マネ、モネ、セザンヌ、ゴーギャン等々、数多くの作品が展示されていました。

フランス学士院

フランス学士院。隣にフランス最古の公共図書館、マザラン図書館があります。

ポンデザール 南京錠 鍵 ポンデザール 南京錠 鍵

フランス学士院と対岸を結んでいる橋がポンデザールです。
2008年ごろから、恋人たちが永遠の愛を誓うため橋の欄干に南京錠をかけるのが流行り、今やびっしり南京錠で埋まっています。
しかし鍵の重さで橋の一部が崩壊したそうで、パリ市当局は鍵をかけないよう呼びかけているのだとか。

シテ島

さて、セーヌ川の中州に位置するシテ島にやってきました。

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂です。
ナポレオンの戴冠式なども行われた800年以上の歴史のある建物です。

シテ島 路地

橋を渡ってお隣のサン=ルイ島へ。
サン=ルイ島の路地にはおしゃれなお店が立ち並んでいました。 

明日は再びTGVに乗ってロワールの古城めぐりに出かけます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください