屋久島・種子島3日間の旅【3.種子島】

Pocket

3日目:種子島宇宙センターへ

3日目は種子島宇宙センターを訪れます。

サンダルウッド

朝のサンダルウッド。快晴です!

さて種子島宇宙センターに行く前に少し寄り道しようと思います。

宇宙が丘公園

宇宙が丘公園です。

少し高台になったところにあり、遠く海まで見渡すことができます。

七色坂展望所

七色坂展望所から見た前之浜海岸です。

門倉岬

昨日に引き続き再び門倉岬へ。

門倉岬 屋久島 門倉岬

天気がいいので屋久島が見えました。

さて、それでは今日の一番のお楽しみ、種子島宇宙センターへ向かうことにします。

種子島宇宙センター 種子島宇宙センター

門倉岬から車で20分ほどで種子島宇宙センターに到着しました!

種子島宇宙センター 宇宙科学技術館

まずはこちらの宇宙科学技術館へ。
ここではロケットなど宇宙科学技術に関する展示を見て回ることができます。
ちなみに入場は無料です。

展示を見て回る前に受付で種子島宇宙センターの施設案内ツアーの申し込みをします。
施設案内ツアーでは専任のガイドさんがセンター内の様々な施設を案内してくれます。
そしてこのツアーも無料です!

ツアー開始まで1時間ほどあったので、館内の展示を見て回ることにしました。
写真はないのですが無料とは思えないほど充実していました。

さて、ツアー開始時間になりました。
ガイドのお姉さんに案内されていざ出発!

まずはバスに乗ってロケットの発射場が見渡せる展望所へ向かいます。

種子島宇宙センター 展望所

真ん中左に見える白い建物がロケットの組立棟です。
ここで組立てられたロケットが真ん中に見える射点に移動され打ち上げられます。

続いて施設の中へ。
ここではロケットに関係する様々な部品が展示されています。
一気にダイジェストでご覧ください。

種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー 種子島宇宙センター 施設ツアー

いかがですか?
ロケット好きにはたまらないものばかりだと思います。
たっぷり時間があるので、質問があればガイドさんが詳しく教えてくれます。

続いて管制棟へ。

種子島宇宙センター 施設ツアー

ここでもどの席にどのような人が座るのかなど、いろいろとガイドさんに教えてもらえました。

1時間ちょっとのツアーでしたがあっという間でした。
何度も繰り返しますが、これすべて無料です!
これだけ楽しめて無料というのはなかなかないと思います。
ちなみに2014年にヒューストンジョンソン宇宙センターに行ったときは入場料$19.45でした(笑)

さて、種子島宇宙センターはまだまだ見どころがあります。

種子島宇宙センター 竹崎展望台

ロケット打ち上げ時に報道陣の撮影場所となる竹崎展望台です。

種子島宇宙センター 種子島宇宙センター

竹崎展望台からは世界一美しいロケット発射場と呼ばれる種子島宇宙センターの景色を見渡すことができます。

種子島宇宙センター

続いてこちらは小型ロケットの発射場です。
今は使われていません。

種子島宇宙センター

海岸の向こうには現役の大型ロケットの発射場が見えます。

種子島宇宙センター

ということで、宇宙センターの施設はもちろんのこと、その周りの景色も十分に堪能することができました。

さて、続いて車を北へ走らせ千座の岩屋へ。

千座の岩屋 千座の岩屋 千座の岩屋

海食によってできた奇岩が広がっています。
干潮時のみ写真の洞窟の中に入ることができます。

さて、種子島の旅もいよいよ最後が近づいてきました。
続いて馬立の岩屋へ。

種子島 展望台

途中の展望台からの眺め。

馬立の岩屋

そして馬立の岩屋です。

種子島空港

ということで今回の旅はここまでです。
屋久島も種子島もそれぞれ個性がありどちらも違った楽しみ方ができました。
どちらもまた訪れてみたいと思います。

旅行日:2015年1月16日~18日

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください