小江戸川越の旅

Pocket

こんにちは。
今回は、小江戸川越の旅をご紹介します。

東急東横線・東京メトロ副都心線・東武東上線の直通運転により、横浜方面から川越へのアクセスが便利になりました。
横浜から1時間半ほどで川越まで行くことができます。

 

 川越市駅

川越市駅に到着。
ザ・私鉄の駅という感じです。

川越

蔵づくりの町並みをめざし北の方に歩いて行きます。
駅周辺は普通の市街地になっています。

川越・蔵造り

しばらく歩くと少しずつ蔵づくりの町並が見えてきました。
右手に見えるルネサンス様式の建物は旧埼玉りそな銀行です。

時の鐘

時の鐘です。
初代の時の鐘は今から約400年前、当時の川越藩主だった酒井忠勝によって創建されたそうです。
たびたび火災で焼失していて、現在建っているのは4代目。1894年に再建されたものです。

 

菓子屋横丁

菓子屋横丁です。
駄菓子などを売っているお店が20件ほど立ち並んでいます。

そこから東の方にずーっと歩いて行くと川越城本丸御殿です。
川越城本丸御殿は、1848年 (嘉永元年)に時の藩主松平斉典が造営しました。

川越城本丸御殿 川越城本丸御殿 川越城本丸御殿

東日本では唯一の現存の本丸御殿ということで大変貴重です。
入館料は100円です。
ちなみに川越城は百名城のひとつです。

百名城・川越城

お隣には川越市立博物館があります。

川越市立博物館

この川越市立博物館、入館料は200円とお安いのですが、展示物がとても充実してて非常におすすめです。

 

時の鐘

時の鐘に戻ってきました。

 

いも恋

川越名物、菓匠右門さんのいも恋です。
さつまいも、つぶ餡、山芋ともち粉の生地でできてます。
さつまいもとつぶ餡が絶妙な割合で、甘すぎずとてもおいしいです。

ネットでも購入できます!

腹ごしらえに15分ほど歩くと喜多院につきました。

喜多院 (川越大師)

慈覚大師が830年に創建した天台宗のお寺で、別名川越大師としても知られています。

 

喜多院・多宝堂

中にある多宝堂です。

お隣には仙波東照宮があります。

仙波東照宮

日本三大東照宮の一つで徳川家康が祭られています。

 

川越駅 川越駅

帰りは川越駅から帰ります。
川越市駅と違って駅周辺にはビルが立ち並んでいました。

旅行日; 2015年2月15日

JALで行く国内旅行

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください