春の道東の旅【1.知床・根室】

Pocket

こんにちは。
今回は、道東ツーリングの旅をご紹介します。
5月にも関わらず途中道路が凍結で通行止めになるなど、極寒の中でのツーリングでした。
1日目は知床・根室です。

1日目: 知床→根室→釧路へ

朝、JAL1183便 (羽田6:55発→女満別8:40着)で女満別空港に到着しました。

女満別空港

女満別からは北見まで連絡バスが出ています。
北見バスターミナルまで運賃は1000円で所要時間は42分ほど。

北見市内にあるRS J-1さんでバイクを借りて出発です。

北見から国道39号国道334号と経由して知床半島に向かいます。
気温は5度。5月とは思えない寒さです。

延々と走ること2時間、知床半島に入り北に10kmほど走るとオシンコシンの滝が見えてきました。

オシンコシンの滝

「オシンコシン」の名前の由来は、「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する「オ・シュンク・ウシ」から転じたそうです。 

さらに10kmほど進んだところで道道93号に入ります。

そしてさらに10kmほど進むと…

 

知床五湖

知床五湖に到着しました。

知床五湖 知床五湖

霧が深くて何も見えません…。
これはダメそうです。まだまだ先が長いのであきらめて来た道を引き返します。

知床峠が路面凍結のため通行止めになっていたので、斜里まで戻って国道244号に入り、根北峠を越えて根室方面に向かいます。

途中道道950号に入り野付半島へ。
地図で見るとわかるのですがとても面白い形をした半島です。

野付半島

20分ほど走ると関係者以外侵入禁止の看板が。
引き返します。

野付半島

野付半島

「はまなす号」という馬車を見かけました。

野付半島・トドワラ

野付半島は立ち枯れたトドマツ林の跡、トドワラが有名です。

と、気が付いたらすでに午後3時になっていました。
今日中に釧路まで行かないといけないので、野付半島を後にし、根室へ向かいます。

国道244号国道243号国道44号道道35号と経由して走ること2時間…。

 

納沙布岬

本土最東端、納沙布岬に到着しました!

四島のかけはしと祈りの火

四島のかけはしと祈りの火。この先に北方領土があるんですね。

納沙布岬灯台 納沙布岬灯台

納沙布岬灯台です。

ずいぶん日が暮れてきました。まずいまずい。
釧路までまだ150kmもあります。いや~北海道広すぎる!

道道35号道道142号と進みます。

 

花咲灯台

花咲灯台に到着しました。

花咲灯台・車石

この下に国の天然記念物にも指定されている車石があります。
写真だとちょっとだけ見えてます。

 

さらに道道142号を西へ進みます。
あたりもすっかり暗くなってすれ違う車もほとんどなくなり、何度も鹿と遭遇しました。

そして道道123号道道1039号と進み、霧多布湯沸岬に到着です。

湯沸岬 湯沸岬灯台

 

7時を過ぎてあたりは真っ暗に。

そこからさらに走ること2時間、ようやく釧路に着きました。

この日は釧路全日空ホテル (現ANAクラウンプラザホテル釧路)に宿泊しました。 

本日のツーリングルートです。

終日曇っていて非常に寒く、ハードな一日でした。
しかし次の日は一転、天気に恵まれます。

お楽しみに。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください