冬の青森 ~酸ヶ湯、弘前へ~

Pocket

こんにちは。
今回は、冬の青森、酸ヶ湯・弘前の旅をご紹介します。
豪雪の酸ヶ湯、雪化粧の弘前城などなど、冬の青森を堪能してきました。

1日目: 雪深き酸ヶ湯へ

 JAL1201便 (羽田7:35発→青森8:55着)に乗って青森空港に向かいます。

 青森空港

青森空港到着!

さすが青森、結構が積もってます。

早速酸ヶ湯に向かいたいのですが、青森空港酸ヶ湯への直通の公共共通期間がないため、いったん青森市内までバスで向かいます。

青森空港9:10発→青森駅前9:45着

青森市内まではJRバスで約35分、大人700円です。

http://www.aomori-airport.co.jp/timetable_bus_aomori.html

 

 青森駅

10時前に青森駅に着きました。

青森駅周辺

 青森駅周辺

 青森市内

次の酸ヶ湯行きのバスは11:20発のため1時間ほど時間ができました。

 

腹ごしらえのため、駅から歩いてすぐのところにある「青森魚菜センター」さんに向かいました。

青森魚菜センター

中は市場になっています。

 のっけ丼 のっけ丼

ここでは「のっけ丼」を食べることができます。

のっけ丼」とは、市場に並んでいる好きな食材をごはんの上に「のっけ」て食べることができるシステムです。詳しくは↓

http://www.aomori-ichiba.com/nokkedon/

のっけ丼

さっそく「のっけ」てみました。

市場に並んでいるものをその場で食べることができるだけあって、とても新鮮でおいしかったです。

お店のおばあちゃんが津軽弁で話しかけてきてくれるのでとてもなごみます。

 

その後徒歩で青森駅まで戻り酸ヶ湯行きのバスに乗り込みます。

みずうみ702号 (青森駅11:20発→酸ケ湯温泉13:00着)、大人1340円です。

 

酸ヶ湯

酸ヶ湯温泉に到着です。

酸ヶ湯は全国のアメダス観測地点の中で史上最高の積雪量566cmを記録した世界有数の豪雪地帯です。

酸ヶ湯 酸ヶ湯 酸ヶ湯

3mは積もっているでしょうか。すごいです…。

ここ酸ヶ湯温泉は総ヒバ造りの混浴の大浴場「ヒバ千人風呂」が有名です。泉質は酸性硫黄泉です。

寒いので早速温泉に入りました。いや~、天国。写真がないのがとても残念です。

 

ずっとゆっくりしていきたかったのですが、この日は青森市内に宿をとったので早々と青森市内行き最終バスに乗りこみました。

宿は青森駅の近くなのですが、新青森駅で途中下車しました。

新青森駅

どうして新青森で降りたかというと…。

 

 

 

 

 

 

スーパー白鳥

特急スーパー白鳥に乗るためでしたー。

なんと新青森駅青森駅は特例で特急列車の自由席を特急料金なしに乗車できるのです。

ん~、このいかつい感じいいですね。

列車自体は津軽海峡を越えて函館まで向かいますが、今回は青森駅で下車。

 

この日はホテルJALシティ青森 に泊まりました。

 

2日目: 冬の弘前城へ

2日目は電車で弘前に行く予定だったのですが、電車の時間まで朝少し時間があったので「青森県立郷土館」に寄ることにしました。

http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/culture/kyodokan.html

冬でお客さんは少なかったのですが、結構展示が充実していてなかなかよかったです。

青森は本州から見ると端っこというイメージですが、逆に北海道やロシアの北方民族から見ると「窓口」であり、これらの民族との交流により独自の文化も栄えていたようです。

この郷土館、場所がちょっとわかりにくいですが青森市に来られた際は立ち寄ってみてください。

 

 

弘前駅

さて、奥羽本線で弘前駅までやってきました。

昨日とは打って変わって青空です!

弘前 弘前城

弘前城まで歩いて向かいます。道中雪が積もっていたので30分ほどかかりました。

弘前城 弘前城 弘前城

弘前城というと弘前さくらまつりが有名ですが、冬の弘前城も素敵です!

 

岩木山

岩木山もきれいに見えました。

 

弘前城百名城スタンプ

弘前城日本百名城にも選ばれています。

日本百名城塗りつぶし同好会

弘前城 弘前城桜

今度はぜひ桜の季節に来てみたいです。

 

旅行日: 2015年1月24日~25日

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください